NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE  >お知らせ

■長崎大学 学術研究成果リポジトリの登録コンテンツ数が17,000件を達成しました

2010年2月24日にNAOSITEの登録コンテンツ数が17,000件を達成いたしました。

17,000件目の論文は、医歯薬学総合研究科 展開医療科学講座 口腔インプラント学分野教授の澤瀬 隆先生の学術雑誌掲載論文「Enhanced initial cell responses to chemically modified anodized titanium」(Clinical implant dentistry and related research, 10(1), pp.55-61; 2008)です。

澤瀬先生から17,000件目に寄せてのコメントをいただきました。

機関リポジトリ登録件数17,000件達成記念コメント

Q. 17,000件目の論文「Enhanced initial cell responses to chemically modified anodized titanium」はどのような内容でしょうか。

Honda-Fujishima effectに端を発する光触媒活性の超親水性効果を,骨内埋入型生体材料であるチタンインプラントに見出し,さらに表面改質を加えることで,光誘起細胞接着の亢進を確認した論文です.



Q. 先生の今後の研究テーマについて教えてください。

チタン製生体材料における光触媒活性は,本論文で確認した細胞接着の亢進にとどまらず,早期の骨形成も促すことがわかりました.今後は本効果を実際のインプラント臨床に応用すべく企業との連携を始めたところです.



Q. 機関リポジトリに登録された論文をどのような方々に読んで欲しいですか。

本編は専門学術雑誌に掲載されていますので,通常本専門誌を読まれていないような研究者に,機関リポジトリを通して広く読んでいただければと思います.



Q. 機関リポジトリという取り組みについて感想や注文などご自由にご記入ください。

辞書によりますとリポジトリとはデータの貯蔵庫という意味らしいです.今回図書館の担当の方からお誘いがあり,登録させていただきましたが,本学の偏りのないデータ貯蔵のためにも,オートマチックなシステム作りが望まれるところと思います.



澤瀬先生、お忙しい中コメントを下さり本当にありがとうございました。

NAOSITEでは、今後も「偏りのないデータ貯蔵」とのご意見を胸に、

より多くの先生方の研究成果の発信に貢献していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

澤瀬先生のNAOSITE登録文献はこちらからご覧いただけます。


2010.03.04

長崎大学附属図書館 学術コンテンツ担当

TOPに戻る