DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE >

Author 岩永, 正明: 17

Click each list header to sort the list

Select All
Date Title Author Download
1971-01 Characteristics of the Intestine of Infantile Mice with Reference to the Pathogeny of Experimental Cholera Iwanaga, Masaaki 923
1968-09 Experimental Cholera in Mice : I. First Report on the Oral Infection Ujiiye, Atsuo; Nakatomi, Masao; Utsunomiya, Akiyoshi; Mitsui, Kazuko; Sogame, Setsuko; Iwanaga, Masaaki; Kobari, Kazumine 1550
1970-12-15 The Investigation of Chloramphenicol in Treatment of Cholera : Part I Iwanaga, Masaaki; Sogame, Setsuko; Kobari, Kazumine 1034
1970-03-20 A Long-term Carrier of Shigella sonnei Kobari, Kazumine; Mitsui, Kazuko; Nakatomi, Masao; Iwanaga, Masaaki; Chin, Kenro 946
1981-12-30 ケニア国内におけるコレラの伝播経路 岩永, 正明; 森, 賢治; KAVITI, J. N. 903
1982-12-28 ケニア国南部海岸地区における細菌性下痢症 宇都宮, 明剛; 森, 賢治; 林, 敏明; 岩永, 正明; 内藤, 達郎; GATHERU,Zippora, W.; SANG, Florence; KOSKE, Nancy; KAVITI, Jason Ndaka 1579
1979-12-28 コレラ菌が毒素産生中に示す形態学的変化について 岩永, 正明; 内藤, 達郎 1189
1979-03-30 コレラ菌の各種抗菌剤に対する感受性 岩永, 正明; 重野, 秀明; 林, 敏明; 宇都宮, 明剛; 内藤, 達郎 1224
1986-03-31 コレラ菌の線毛 : 腸管上皮に定着したコレラ菌における線毛の観察と線毛産生を増強する新しい培地の開発 江原, 雅彦; 渡邊, 繁徳; 石橋, 美雅子; 内藤, 達郎; 霜鳥, 翔一; 岩永, 正明 4095
1980-06-30 サルモネラ症の化学療法に関する実験的研究 : 特にchloramphenicolの生体内における有効性について 林, 敏明; 岩永, 正明 1251
1987-03-31 抗non-O1溶血素抗体を用いた逆受身ラテックス凝集反応法によるコレラ菌,及びnon-O1コレラ菌が産生する溶血素の定量法 一瀬, 休生; 山本, 耕一郎; 江原, 雅彦; 岩永, 正明; 内藤, 達郎 1299
1981-03-30 酵素抗体法を用いた菌体内コレラ菌毒素の電顕的観察 岩永, 正明; 江原, 雅彦; 内藤, 達郎 1205
1983-03-30 細菌性下痢症における抗生剤の非経口的投与について : ウサギ下痢症における実験的研究 一ノ瀬, 休生; 岩永, 正明 1063
1983-03-30 成熟家兎における実験コレラの新型モデル 岩永, 正明; 一ノ瀬, 休生 1208
1980-03-28 多形性誘導培地におけるコレラ菌の毒素産生について 岩永, 正明; 内藤, 達郎 1047
1979-11-30 大腸菌,ブドウ球菌,腸球菌がコレラ菌におよぼす作用 : コレラに対するマウスの防御機構に関連して 岩永, 正明; 宇都宮, 明剛; 林, 敏明; 重野, 秀明; 渡辺, 繁徳; 内藤, 達郎 1415
1968-03-30 長崎県長与村集団赤痢の記録 小張, 一峰; 氏家, 淳雄; 十亀, 節子; 宇都宮, 明剛; 三井, 一子; 岩永, 正明; 中富, 昌夫; 玉井, 輝雄; 片田, 玲子; 梁瀬, 允; 八木, 淑子 2026

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace