DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

日光輪王寺の常行堂と法華堂


ファイル 記述 サイズフォーマット
0540.html500 BHTML本文ファイル

タイトル: 日光輪王寺の常行堂と法華堂
その他のタイトル: The Jogyo-do and the Hokke-do, Rinnoji Temple
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 大猷院より見て手前に唐様の法華堂と奥に稍々大きい和様の常行堂がある。 同じ形状で共に朱塗りであり渡廊下で結ばれ二つ堂とも言う。 常行堂の本尊は阿弥陀如来であり、 源頼朝を深く帰依した修業の道場であった。 色つけが粗雑である。 / Seen from Daiyuin, Hokkedo is in front and the Japanese-style Jokodo is in the rear. Since they are of the same shape and both are coloured red, connected by a corridor, they are called "Futatsudo". The main Buddha of Jokodo is Amida Nyorai, and the temple was a place of spiritual training for Minamoto Yoritomo. The colouring is rough.
キーワード: 寺 / temple
URI: http://hdl.handle.net/10069/10424
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=540
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 540
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10424

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace