DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

善光寺本堂


ファイル 記述 サイズフォーマット
0543.html465 BHTML本文ファイル

タイトル: 善光寺本堂
その他のタイトル: The Main Temple of Zenkoji
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 善光寺の堂塔伽藍は8回も焼失し、現存する本堂は宝永4年(1707)の再建である。間口23.7m、奥行52.8mで、日本おける木造建築としては、東大寺の大仏殿、京都の三十三間堂に次ぐ建坪をもっている。建物の高さは28m。明治10年代山門の上から撮られた本堂が現在と違う点は、回廊の勾欄(こうらん・欄干)に朱が塗ってあったことである。 / The main temple and the tower burned down 8 times. The present temple was restored in 1707(the 4th year of Hoei). The third largest wooden temple in Japan after the Great Buddha temple in Todaiji and Sanjusangendo in Nara, it is 23.7m wide, 52.8m deep, and 28m tall. The only difference between this photo and the one taken during the second decade of the Meiji period is that in this photo the corridor was painted red.
キーワード: 神社 / shrine
URI: http://hdl.handle.net/10069/10427
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://zoomphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/view.php?mokuroku=543 / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=543
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 543
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10427

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace