DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

桶直し職人


ファイル 記述 サイズフォーマット
0586.html449 BHTML本文ファイル

タイトル: 桶直し職人
その他のタイトル: Tub mender
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 今日見られるような、板を円筒形に並べ、箍(たが)で締めて底板を付けた桶は、室町時代以降に工夫されたものである。板には針葉樹材が用いられ、箍には主に竹が用いられた。製造と販売を兼ねる居職の者が桶屋となったが、写真のように箍締めに歩く出職の職人も多く見られた。 / Traditional pails with boards aligned in a circle and held together with hoops was invented in the Muromachi era. Pine was mainly used for the boards, and the okeya (pail shops) were usually operated by craftsmen who were also vendors. Some craftsmen specialized in putting on the hoops, like the man in this photo.
キーワード: 職人 / craftsman
URI: http://hdl.handle.net/10069/10470
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=586
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 586
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10470

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace