DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

甘酒売り


ファイル 記述 サイズフォーマット
0711.html480 BHTML本文ファイル

タイトル: 甘酒売り
その他のタイトル: A vendor selling amazake (a sweet beverage)
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 「甘い甘い、甘酒」と呼ぶ甘酒売りは、京阪では夏場に、江戸では年中見られた。木箱2つを天秤棒に担いで売り歩いた。前の箱には茶碗や盆を入れ、後ろの箱には炉と共に茶釜を入れた。1杯6~8文の値であった。 / Amazakeuri, who sold fermented sake by calling out "sweet, sweet amazake," were seen in summer time in the Keihan district and year-long in Edo. They carried two wooden boxes on balancing poles to sell amazake. They had tea cups and trays in the box in the front, and a furnace and teapot in the box in the back. The price for a cup was 6 to 8 mon.
キーワード: 行商 / peddler
URI: http://hdl.handle.net/10069/10595
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=711
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 711
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10595

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace