DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

大釣鐘


ファイル 記述 サイズフォーマット
0750.html454 BHTML本文ファイル

タイトル: 大釣鐘
その他のタイトル: A large temple bell
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 常楽寺銅鐘(重要文化財)か。常楽寺は北条泰時によって建立され、宋からの来朝僧、蘭渓道隆はここに宋の禅院の規式そのままに、同寺を設計し、わが国禅門の基礎を築いたと言う。銅鐘には宝治2年(1248)の銘があり、執権北条時頼が北条泰時追善のために造ったと伝える。 / This may be the bronze bell at Jorakuji Temple (important national treasure). Jorakuji was built by Hojo Yasutoki, and a priest from china named Rankei Doryu designed the temple in Zen style, establishing Zen Buddhism in japan for the first time. The bronze bell has "1248" inscribed on it, and is said to have been made by Hojo Tokiyori in commemoration of Hojo Yasutoki.
キーワード: 寺 / temple
URI: http://hdl.handle.net/10069/10634
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=750
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 750
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10634

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace