DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

下田港口


ファイル 記述 サイズフォーマット
0913.html467 BHTML本文ファイル

タイトル: 下田港口
その他のタイトル: Entrance of the simoda harbour
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 下田港は幕末の開港場として知られ、嘉永6年(1853)、幕府は下田奉行をおく。この年、米国軍艦が浦賀まで来航、日本との通商を願った。幕府はこれに命じて、下田港に入港させたという。また、安政元年(1854)、下田港は黒船に乗ったペリーが上陸したところでもある。下田港は、昔から須崎半島に抱かれた天然の良港で、日本初の米国領事館がおかれ、ハリスが滞在するなど日米外交の舞台になったところである。 / Shimoda is known as a port opened to foreigners at the end of the Edo era. The Shogunate appointed a Shimoda Bugyo (magistrate) there in 1853, when the US fleet came to Uraga and demanded that ports be opened for trade. The Shogunate ordered them to enter Shimoda Harbour. It was also here that Perry landed in 1854. Shimoda was blessed with the features of a good natural harbor. The first US Consulate was opened here, the scene of a diplomatic drama between the US and Japan.
キーワード: 眺望 / 旧跡 / 島 / 港 / view / historic sites / island / harbour
URI: http://hdl.handle.net/10069/10797
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=913
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 913
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/10797

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace