DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

堅田の浮見堂


ファイル 記述 サイズフォーマット
1328.html462 BHTML本文ファイル

タイトル: 堅田の浮見堂
その他のタイトル: UKIMIDO at KATADA
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 大津市堅田、満月寺の浮御堂である。長徳年間(995~99)、恵心僧都が湖上安全と衆生済度のため造立したのが起こりとされる。古くから俳句・浮世絵の題材となっており、芭蕉の句「鎖あけて 月をさし入れよ 浮御堂」がある。現在の浮御堂は昭和12年に建て直されたもので、写真のものとは細部において異なっている。 / The Ukimido of Mangetsuji in Kashida, Otsu City. It is said to have been built by the priest Eshin during the Chotoku years (995-99) to pray for safety on the lake and the welfare of the people. It has been the theme of haiku and ukiyoe prints from ancient days, including a famous haiku by Matsuo Basho. The present Ukimido was rebuilt in 1937, and some details differ from the one in the picture.
キーワード: 寺 / 湖 / 眺望 / temple / lake / view
URI: http://hdl.handle.net/10069/11212
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=1328
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 1328
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/11212

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace