DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

中山道追分の宿場


ファイル 記述 サイズフォーマット
1601.html473 BHTML本文ファイル

タイトル: 中山道追分の宿場
その他のタイトル: Inns at Nakasendo Oiwake
作成者: 日下部金兵衛
作成者(別表記等): Kusakabe, Kinbei
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 追分宿の東端、昇進橋を渡り少し行ったあたりの町並みか。右手に油屋が見えるが、この店は、明治・大正に入り追分がさびれた時にも、旅籠屋として存続した。堀辰雄など、多くの文学者が滞留したことでも有名。 / Could be the eastern edge of Oiwake juku, over the Shojin Bridge and a little further onwards. Aburaya can be seen to the right, but this hotel prospered even when Oiwake became rather bleak during the Meiji and Taisho eras. The fact that many novelists such as Hori Tatsuo stayed there is famous.
キーワード: 街道 / 旅館 / 集落 / highway / inn / community
URI: http://hdl.handle.net/10069/11485
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://zoomphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/view.php?mokuroku=1601 / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=1601
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 1601
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/11485

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace