DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

池上本門寺


ファイル 記述 サイズフォーマット
2928.html466 BHTML本文ファイル

タイトル: 池上本門寺
その他のタイトル: Ikegami Honmonji Temple
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 元禄年間(1688~1704)年に建造の総門(現存)を入り、加藤清正が寄進して元禄年間(1596~1615)に造られた石段を上り、慶長13年(1603)二代将軍徳川秀忠が五重塔と共に建立した三門を潜った所から右側を見ると、この写真の風景になる。左は大太鼓の納められていた鼓楼。三門も鼓楼も戦災で焼失。五重塔は焼けずに現存。関東で最古の五重塔である。高さ29、5m。国の重要文化財。明治中期。 / Visitors to the temple saw this scene after passing through the front gate (existent) built between 1688 and 1704, going up the stairs donated by Kato Kiyomasa and installed between 1596 and 1615, and then passing through the sanmon gate built along with the five-story pagoda by the second shogun Tokugawa Hidetada in 1608. The building on the left is the drum tower where ceremonial drums were stored. Both the gate and the drum tower were destroyed in World War II. The 29.5-meter pagoda however survived and still stands today as the oldest pagoda in the Kanto region and a National Important Cultural Asset. Mid-Meiji Period.
キーワード: 寺 / temple
URI: http://hdl.handle.net/10069/12812
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=2928
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 2928
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/12812

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace