DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

中山道の松並木


ファイル 記述 サイズフォーマット
3150.html489 BHTML本文ファイル

タイトル: 中山道の松並木
その他のタイトル: A row of pine trees along the Tokaido Road
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 中山道が五街道のNo2として開設されたのは、慶長7年(1602)である。その際街道の並木として松もしくは杉が植えられた。中山道では安中(群馬県)の杉並木が有名だが、第二次大戦後車の排気ガスでその多くが枯死した。ところが中山道の笠取峠では旧中山道に平行して国道142号のバイパスが建設されて、公害から松並木を守っている。茶屋の前に停まっている人力車は、馬車が通れるように改修された街道であることを示している。 / Opened in 1602, Nakasendo was the second of the five major highways in Japan. Pine and cedar trees were planted along the highway, and the cedar trees of Annaka (Gunma Prefecture) became famous. After World War II, many trees died due to pollution caused by car exhaust. Luckily, the decision to build National Route 142 parallel to the old Nakasendo Highway saved the trees at Kasatori Pass. The photograph with the rickshaw parked in front of the tea house shows how the highway had been renovated so that carriages could pass.
キーワード: 街道 / 並木 / highway / row of trees
URI: http://hdl.handle.net/10069/13034
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=3150
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 3150
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/13034

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace