DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

後姿の舞妓


ファイル 記述 サイズフォーマット
3627.html469 BHTML本文ファイル

タイトル: 後姿の舞妓
その他のタイトル: A maiko seen from the rear
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 舞妓とは舞を舞って酒席に興を添える少女のこと。現在では京都の祇園の舞妓が有名である。帯の結び方は結んで両端をだらりと下げる、所謂だらり結びの帯で、江戸時代に流行した。現在では京都の舞妓に見られる。髪型は割れしのぶか。 / Maiko are girls who entertain quests at a banquet by dancing. Today, the maiko of the Gion Quarter of Kyoto are famous. The maiko's sash is tied loosely and the ends left to hang. Called "darari musubi," this tying method was popular in the Edo Period. The maiko of Kyoto still wear kimono in this fashion. The hair seems to be arranged in "ware shinobu" style.
キーワード: 女性 / woman
URI: http://hdl.handle.net/10069/13511
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=3627
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 3627
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/13511

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace