DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

講談の舞台


ファイル 記述 サイズフォーマット
3720.html467 BHTML本文ファイル

タイトル: 講談の舞台
その他のタイトル: A stage for storytelling
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 「塩原多助(一代記)」とは落語家・三遊亭円朝(1839~1900)が創作した人情噺。浪曲師・東家小楽は、明治39(1906)年に二代楽遊となっている(『日本芸能人名事典』)。「旭川 辻廣」と見えるのは、明治38(1905)年当時、劇場佐々木座の支配人だった辻広駒吉のことか(『新旭川市史』第2巻)。 / The Life of Shiohara Tasuke was written by a comic storyteller named Sanyuei Encho (1839-1900). It is a story about human nature. The musician Higashiya Koraku inherited the stage name "Rakuyu" in 1906. The name on the tablecloth reads "Asahikawa Tsujihiro," which is probably the name of the manager of Sasakiza Theatre as of 1905 (from "The New History of the City of Asahikawa, Volume 2").
キーワード: 技芸 / 男性 / accomplishments / man
URI: http://hdl.handle.net/10069/13604
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=3720
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 3720
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/13604

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace