DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

機織り


ファイル 記述 サイズフォーマット
3979.html446 BHTML本文ファイル

タイトル: 機織り
その他のタイトル: Weaving
作成者: スチルフリード
作成者(別表記等): R. Stillfried
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 手仕事こそ日本を支える大きな力である。江戸時代にはジバタ(写真右)、明治になるとタカハタ(写真左)が使われるようになった。この頃大部分は家庭から工場へ移行した。 / Artistic handwork is one of Japan's driving forces. A "jibata" handloom from the Edo Period and "takahata" weaving apparatus from the Meiji Period are shown on the right and left. The venue for weaving was shifting from homes to factories around this time.
キーワード: 女性 / 家事 / woman / housekeeping
URI: http://hdl.handle.net/10069/13863
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=3979
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 3979
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/13863

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace