DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

知恩院御影堂内の須弥壇と宮殿  


ファイル 記述 サイズフォーマット
4246.html511 BHTML本文ファイル

タイトル: 知恩院御影堂内の須弥壇と宮殿  
その他のタイトル: The naiden (inner sanctuary) of Chion-in Temple
作成者: A.ファサリ
作成者(別表記等): A. Farsari
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 知恩院御影堂内の須弥壇と厨子を撮影する。須弥壇と厨子は金箔と漆塗で装飾された禅宗様で、本尊である法然上人坐像の尊像を安置している。知恩院御影堂を南西側より北東に望む。御影堂は知恩院の本堂で、法然上人の御影を安置する。桁行11間、梁間9間、単層、入母屋造、本瓦葺で、寛永16年(1639)に再建された。 / The "shumidan" and "zushi" of the Miei-do Hall of Chion-in Temple are viewed from the southwest. The shumidan is done in Zen style, with gild and lacquer, and has a sculpture of a seated Honen (the founder). Miei-do is the main hall of the temple. Its girder and cross beams are about 20m and 16.4m in length. Reconstructed in 1639, it is built in single-story irimoya style with a tiled roof.
キーワード: 寺 / 仏像 / temple / statue of Buddha
URI: http://hdl.handle.net/10069/14130
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4246
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4246
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14130

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace