DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

知恩院大釣鐘


ファイル 記述 サイズフォーマット
4247.html477 BHTML本文ファイル

タイトル: 知恩院大釣鐘
その他のタイトル: The Great Bell, Chion-in Temple
作成者: A.ファサリ
作成者(別表記等): A. Farsari
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 知恩院大釣鐘を鐘楼西側から東に望む。知恩院大釣鐘は吉水の鐘とも呼ばれ、寛永13年(1636)に三条釜座によって鋳造された日本最大の銅鐘である。高さ5.4m、口径2.7m、厚さ29cm、重量約7.5t(約2万貫)である。 / The big bell of Chion-in Temple is seen from west of the bell tower. Also called "Yoshimizu's Bell," this is the largest bronze bell cast at Sanjo-Kamanza foundry. It is 5.4m high, 2.7m in diameter, 29cm thick, and weighs 7.5 tons.
キーワード: 寺 / 花木 / temple / flowers and trees
URI: http://hdl.handle.net/10069/14131
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4247
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4247
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14131

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace