DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

都をどり


ファイル 記述 サイズフォーマット
4320.html461 BHTML本文ファイル

タイトル: 都をどり
その他のタイトル: Miyako-Odori Dancing
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 舞台にて花束を持って都をどりを演じる舞妓を撮影する。背後には「つなぎ団子」と呼ばれる提灯が吊り下がる。舞台より低く設けられた席には多くの観客が舞妓による演舞を観覧している。都をどりは東京遷都後の京都の繁栄策として明治5年(1872)の第1回京都博覧会の余興で初めて演じられた。京舞井上流三世の井上八千代が集団舞踊の振付を考案している。 / Maiko dance with flowers on stage. Lanterns are hanging from the ceiling. A large audience sits on a level lower than the stage. The Miyako Odori dance was first performed at the Kyoto Exposition in 1872 as a way to attract more visitors to Kyoto after Tokyo became Japan's capital city. Inoue Yachiyo of the Third Kyomai Inoue School choreographed the dance.
キーワード: 遊女 / 施設 / prostitute / urban facilities
URI: http://hdl.handle.net/10069/14204
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4320
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4320
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14204

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace