DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

浅草寺時の鐘と五重塔


ファイル 記述 サイズフォーマット
4440.html509 BHTML本文ファイル

タイトル: 浅草寺時の鐘と五重塔
その他のタイトル: The hour bell and the five-story pagoda, Sensoji Temple
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 弁天山の時の鐘から五重塔を望む。江戸期には庶民は時計を持たなかったから時の鐘を聞いて時刻を知った。まず捨て鐘を三つ叩いたとのこと。早朝九つ鳴れば三つを引いて明六つ(現午前6時頃)ということだった。内田九一が明治5~6年(1872~3)に撮影した写真だが、この写真は後に手彩色され横浜写真として販売されたものである。 / The five-story pagoda seen from the hour bell at Bentenyama. Since people did not use clocks in the Edo Period, they confirmed the time of day by listening to the temple bell. The bell was struck three times before the hour was announced. Thus, nine rings meant six o'clock in the morning. Taken by Uchida Kuichi in 1872 or 1873. It was later tinted and sold as a Yokohama photograph.
キーワード: 寺 / 暮らし / temple / life
URI: http://hdl.handle.net/10069/14324
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4440
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4440
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14324

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace