DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

日光東照宮唐門


ファイル 記述 サイズフォーマット
4454.html487 BHTML本文ファイル

タイトル: 日光東照宮唐門
その他のタイトル: The Karamon Gate, Toshogu Shrine, Nikko
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 唐門は将軍に直接拝謁できる身分の幕臣や大名だけが使用した東照宮本社の正門。全体に白く胡粉が塗られ、門柱に竜の彫刻がある。正面上部の彫刻は「舜帝朝見の儀」で、1本の欅に4列27人の人物像が彫られている。手前の人物たちは東照宮例大祭の衣装を着ている。 / Karamon is the main gate of Toshogu Shinto Shrine. Only high ranking government officials and feudal lords, who were allowed to meet the shogun directly, could use this gate during the Edo Period. The gate was painted white with "kofun" and embellished with carvings of dragons. The inscription on the upper portion reads "Shuntei Choken-no-gi" (Emperor Shun's Morning Greetings) and consists of 27 figures carved from one zelkova tree in four rows. The people in front of the gate are wearing the costumes of the Toshogu Festival.
キーワード: 神社 / 日光東照宮 / 男性 / shrine / Nikko Toshogu / man
URI: http://hdl.handle.net/10069/14338
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4454
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4454
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14338

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace