DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

方広寺大鐘


ファイル 記述 サイズフォーマット
4475.html475 BHTML本文ファイル

タイトル: 方広寺大鐘
その他のタイトル: The Great Bell, Chion-in Temple
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 石柱敷の上に置かれた方広寺大鐘を南西から北東に望む。男性が両手を広げて大鐘を抱きかかえ、その前に3人の子供が立つ。手前には多数の扇子の骨が干されている。大鐘は豊臣秀頼が方広寺再建に際し慶長19年(1614)の大仏開眼供養時に造営したもので、高さ4.5m、口径2.8m、厚さ28cm、重量約8.3tと言われる。右奥の二層の大仏殿は昭和48年(1973)に焼失した。 / The big bell of Hokoji Temple placed on stone blocks is viewed from the southwest. Two men are trying to wrap their arms around the bell, while three children stand between them. Frames for fans are drying in the foreground. The big bell was made at the time of the reconstruction of the temple by Toyotomi Hideyori in 1614. It is said to have been 4.5m high, 2.8m in diameter, 28cm thick and about 8.3 tons in weight. The two-story Buddha Hall in the photograph burnt down in 1973.
キーワード: 寺 / 男性 / 子供 / temple / man / child
URI: http://hdl.handle.net/10069/14359
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4475
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4475
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14359

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace