DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

小金井堤の花見


ファイル 記述 サイズフォーマット
4517.html487 BHTML本文ファイル

タイトル: 小金井堤の花見
その他のタイトル: Viewing cherry blossoms at Koganei Banks
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 小金井橋から桜花を楽しんでいる。小金井橋の上下2km程が最も美観だった。玉川上水に何時桜が植えられたかについては文献により異なるが、文化7年(1810)建立の「小金井桜樹碑」(小金井橋附近に現存)によれば、元文2年(1737)とのこと。武蔵野新田世話役の川崎平右衛門定孝(かわさきへいえもんさだたか)などが小金井橋を基点に上水の両岸に桜を植えたと書かれている。明治30年(1897)頃の撮影。 / People are enjoying the cherry blossoms from Koganei Bridge. The most beautiful scenery stretched for two kilometers upstream and two kilometers downstream from the bridge. It is not clear when the cherry trees were planted at Tamagawa Waterway because different documents give different dates. However, the Koganei Cherry Tree Monument (still existing near Koganei Bridge) puts it at 1737. Records show that Kawasaki Heiemon Sadataka, the caretaker of Musashino Shinden, and others planted cherry trees on both sides of the waterway near Koganei Bridge. Taken around 1897.
キーワード: 川 / 橋 / 花木 / 憩い / river / bridge / flowers and trees / rest
URI: http://hdl.handle.net/10069/14401
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4517
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4517
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14401

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace