DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

皇居二重橋


ファイル 記述 サイズフォーマット
4520.html482 BHTML本文ファイル

タイトル: 皇居二重橋
その他のタイトル: Niju-bashi Bridge, the Imperial Palace
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 内堀(二重橋堀)に架かる郭門橋は寛政年間(1789ー1801)頃の架橋といわれている。江戸・明治期には手前が西の丸大手橋で奥が西の丸下乗橋と称されたが、いま宮内庁で使用している名称は写真で手前が「皇居正門石橋」、見えないが奥が「皇居正門鉄橋」とのこと。昭和23年(1948)から二重橋は、1月2日と天皇誕生日に一般参賀で渡ることができるようになった。明治中期撮影。 / Kakumon Bridge spanning the inner moat (Nijubashi Moat) is said to have been built during the Kansei Period (1789-1801). During the Edo and Meiji Periods, the bridge in the foreground was called Nishinomaru Ote-bashi and the one behind it Nishinomaru Shimojo-bashi. The names currently used by the Imperial House Agency are "Imperial Palace Main Gate Stone Bridge" and "Imperial Palace Main Gate Iron Bridge," respectively. Since 1948, commoners have been allowed to cross these bridges on January 2 and on the Emperor's birthday. Mid-Meiji Period.
キーワード: 江戸城 / 橋 / Edo Castle / bridge
URI: http://hdl.handle.net/10069/14404
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4520
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4520
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14404

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace