DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

鶴岡八幡宮の神輿


ファイル 記述 サイズフォーマット
4749.html528 BHTML本文ファイル

タイトル: 鶴岡八幡宮の神輿
その他のタイトル: A "mikoshi" (portable shrine) of Tsurugaoka Hachimangu Shrine
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 上宮廻廊(かいろう)内側の景。廻廊は文政11年(1828)の再建で、現重要文化財。軒下には優美な文様が描かれるが、この建物は昭和初期に修理されており、江戸期以来の文様を知る上で貴重である。なお、神輿(みこし)は桃山期か江戸初期の作といい、県指定有形民俗文化財として7基が現存する。 / Interior view of the kairo (cloister) of the Upper Shrine. The cloister was rebuilt in 1828 and is now a National Important Cultural Asset. A beautiful design is painted under the eaves. Renovated in the beginning of the Showa Period, this building remains as a valuable source of information about the designs used from the Edo Period. The mikoshi (portable shrines) were made during the Momoyama or Edo Period, and seven of them remain as Prefectural Tangible Ethnological Assets.
キーワード: 旧跡 / 神社 / historic sites / shrine
URI: http://hdl.handle.net/10069/14633
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4749
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4749
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14633

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace