DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

横浜税関監視課庁舎と大桟橋


ファイル 記述 サイズフォーマット
4913.html515 BHTML本文ファイル

タイトル: 横浜税関監視課庁舎と大桟橋
その他のタイトル: The Yokohama Customs Inspection office and the main pier
作成者: 日下部金兵衛
作成者(別表記等): Kusakabe, Kinbei
発行日: 2008年 2月18日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 海岸通りから見た大桟橋全景。横浜港のシンボル的存在である大桟橋は、明治22年(1889)からの第1次築港工事で建設され、同27年(1894)に完成した鉄製の海陸連絡橋。幅19m、全長730mを誇る。左の建物は同年竣工の税関監視課庁舎。 / Panoramic view of the great pier from the waterfront. A symbol of Yokohama Harbour, the 19-meter-wide, 730-meter-long pier was built as part of the first port construction project started in 1889 and completed in 1894. The building on the left is the Customs Supervision Department built the same year.
キーワード: 近代建築 / 港 / 船 / modern architecture / harbour / ship
URI: http://hdl.handle.net/10069/14797
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=4913
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 4913
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14797

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace