DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第25巻 第45号 >

内管が軸方向に運動する同心環状流路内の十分に発達した層流熱伝達の解析 : 第1種と第2種の境界条件の場合


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723823.pdf690.88 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 内管が軸方向に運動する同心環状流路内の十分に発達した層流熱伝達の解析 : 第1種と第2種の境界条件の場合
その他のタイトル: An Analysis on Fully Developed Laminar Heat Transfer in Concentric Annuli with Axially Moving Cores : The Cases of the First and Second Kind Boundary Conditions
著者: 茂地, 徹 / 桃木, 悟 / 東井上, 真哉 / 山田, たかし
著者(別表記) : Shigechi, Toru / Momoki, Satoru / Higashi-Iue, Shinya / Yamada, Takashi / Lee, Y.
発行日: 1995年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.25(45) p. 75-85, 1995
抄録: Fundamental solutions of the first and second kind boundary conditions were obtained analytically for the fully developed laminar heat transfer in a concentric annulus with an axially moving core. The heating conditions for the first and second kind are respectively (1) constant and uniform but different wall temperatures are specified on each wall and (2) on one wall, constant axial as well as peripheral wall heat fiux is specified and the other is insulated. The effects of the relative velocity of the core and the radius ratio on the temperature and Nusselt numbers have been investigated.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14941
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第45号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14941

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace