DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第26巻 第47号 >

自由縁と平行な半無限き裂の熱応力拡大係数


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723871.pdf371.4 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 自由縁と平行な半無限き裂の熱応力拡大係数
その他のタイトル: Thermal Stress Intensity Factor for a Semi-infinite Crack Parallel to a Straight Edge
著者: 本村, 文孝 / 今井, 康文 / 才本, 明秀
著者(別表記) : Motomura, Fumitaka / Imai, Yasufumi / Saimoto, Akihide
発行日: 1996年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.26(47) p. 117-121, 1996
抄録: A time-dependent thermal stress field in a semi-infinite plane having a semi-infinite crack parallel to the edge of the plate was analyzed when the vicinity of the crack tip was locally heated. The straight boundary of the semi-infinite plate were assumed to be kept at zero temperature or thermally insulated. The thermal stress field was analyzed after each stepwise time advance by the Body Force Method. It was found that a mixed mode deformation occurs at the crack tip independently of the heating time and the stress intensities of mode I and II vary with the heating location. Moreover, the increase of heat dissipation from the plate surfaces may be effective for the decrease of K_II.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14970
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第47号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14970

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace