DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第26巻 第47号 >

ハードウエア記述言語による電圧形インバータ用PWM発生回の開発


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723880.pdf399.1 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ハードウエア記述言語による電圧形インバータ用PWM発生回の開発
その他のタイトル: Development of PWM Generator for Voltage-Type Inverter using Hardware Description Language
著者: 泉, 勝弘 / 古川, 雄一朗 / 辻, 峰男 / 小山, 純 / 山田, 英二
著者(別表記) : Izumi, Katsuhiro / Furukawa, Yuichirou / Tsuji, Mineo / Oyama, Jun / Yamada, Eiji
発行日: 1996年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.26(47) p. 191-195, 1996
抄録: This paper presents a compact and high confident PWM generator with field programmable gate array (FPGA) to control high speed switching devices. FPGAs which have a large scale and big capacity are designed using hardware description language (HDL) in the field. Method of PWM pattern generation is asynchronous-type PWM, because hardware and software of it becomes simple. This FPGA contains many data latches, four counters and many logic. PWM generator with FPGA inputs the duty data and dead time one from a host processor and outputs the gate signal to the power device. We generate PWM patterns with a double edge modulation, and provide a variable dead time for prevent of upper and lower arm short-circuit. Experimental results are shown to verify functions of PWM generator with FPGA.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14979
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第47号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14979

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace