DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第26巻 第47号 >

人工衛星データによる阪神・淡路大震災の被災地抽出調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723883.pdf814.8 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 人工衛星データによる阪神・淡路大震災の被災地抽出調査
その他のタイトル: Investigation of Stricken Area in the Hanshin-Awaji Earthquake Disaster by Satellite Image Data
著者: 後藤, 恵之輔 / 全, 炳徳 / 西川, 麗
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Jun, Byungdug / Nishikawa, Urara
発行日: 1996年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.26(47) p. 211-218, 1996
抄録: The Hyogoken-Nanbu Earthquake occurred on January 17, 1995 in Kobe district. This earthquake caused a heavy loss of human lives. There were huge damages by liquefaction, landslide, fire and so on. In this paper, stricken areas before the earthquake are compared with the same areas after that by using satellite image data of MOS and LANDSAT, and analyzed environmental factors. The possibility of disaster investigation by using satellite image data is checked, furthermore liquefaction damage, fire and collapsed houses are investigated.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14981
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第47号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14981

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace