DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第26巻 第47号 >

熱赤外リモートセンシングによるコンクリート構造物の非破壊安全診断のための基礎実験


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723885.pdf1.24 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 熱赤外リモートセンシングによるコンクリート構造物の非破壊安全診断のための基礎実験
その他のタイトル: A Fundamental Experiment as an Attempt to Establishment of a Non-Destructive Method by Using the Infrared Remote Sensing Technique for Concrete Structures
著者: 後藤, 恵之輔 / 金, 應南 / 全, 炳徳 / 原田, 哲夫
著者(別表記) : Gotoh, Keinosuke / Kim, Eungnam / Jun, Byungdug / Harada, Tetsuo
発行日: 1996年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.26(47) p. 227-235, 1996
抄録: This research is a fundamental experiment as an attempt to establishment of a non-destructive method by using the remote sensing technique for concrete structures. In this experiment the heat conductivity of concrete was compared based on the water-cement ratio of concrete and also on the elapse of time(to compare wet and dry conditions). Secondly a cylindrical mortar and concrete specimens were tested by using a compression machine in order to study the relation between axial stress and the surface temperature of the specimen. It was found that the patterns of heat conductivity based on the water-cement ratio of specimens are separated. The heating phenomenon of surface temperature of the tested specimens under the axial stress condition was also cleared to be the same as KAISER effect.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14983
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第47号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14983

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace