DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第26巻 第47号 >

長崎県野母崎町樺島地下ダムの地下水変動および効果判定解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723893.pdf590.18 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎県野母崎町樺島地下ダムの地下水変動および効果判定解析
その他のタイトル: Confined Ground Water Fluctuation Analysis and Efficiency Judgement of Kabashima Underground Dam in Nagasaki Prefecture Japan
著者: 棚橋, 由彦 / 濱崎, 正一 / 西垣, 誠
著者(別表記) : Tanabahsi, Yoshihiko / Hamasaki, Seiichi / Nishigaki, Makoto
発行日: 1996年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.26(47) p. 295-300, 1996
抄録: The water shortage due to the lack of precipitation in rainy season in 1994 has made a serious damage on many regions in Japan. Especially, not only Nagasaki and Sasebo city but the isolated islands in the Nagasaki prefecture have been suffered by water shortage. One of the solution for water shortage is the construction of the underground dam in the suitable site in islands. This paper deals with the case history of the confined ground water fluctuation analysis of the Nomozaki underground dam in the Nagasaki prefecture using by iterative quasi-three-demensional finite element model for heterogeneous multi-aquifer systems. This study is the first step to develop the selection method for the optimum underground dam site in the isolated islands.
URI: http://hdl.handle.net/10069/14991
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第26巻 第47号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/14991

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace