DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第27巻 第48号 >

近赤外線ディジタルカメラを用いた韓国江原道地方における松枯れ被害調査


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723912.pdf1.56 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 近赤外線ディジタルカメラを用いた韓国江原道地方における松枯れ被害調査
その他のタイトル: Investigation of Damaged Areas by Pine Gall Midge in Kangweon Prefecture of Korea Using Near-Infrared Digital Camera
著者: 金, 磨南 / 後藤, 恵之輔 / 全, 炳徳
著者(別表記) : Kim, Eungnam / Gotoh, Keinosuke / Jun, Byungdug
発行日: 1997年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.27(48) p. 51-57, 1997
抄録: Nowadays, one of the most serious problems challenging the environment in South Korea is the spread of the forest areas attacked by Gall Midge. This insect severely damages the pine trees and kills its prosperity. In this research an attempt was done to investigate the applicability of near-infrared digital camera as a helping tool in the analysis of satellite data based on the idea that the infrared digital camera can be used instead of photometer.
URI: http://hdl.handle.net/10069/15002
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第48号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15002

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace