DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第27巻 第48号 >

流域における点源・非点源汚濁負荷の評価に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723922.pdf449.41 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 流域における点源・非点源汚濁負荷の評価に関する研究
その他のタイトル: Estimation of Point and Nonpoint Pollutant Sources Distributed over the Watershed
著者: 野口, 正人 / 西田, 渉 / 星野, 公秀 / 矢代, まゆみ
著者(別表記) : Noguchi, Masato / Nishida, Wataru / Hoshino, Kimihide / Yashiro, Mayumi
発行日: 1997年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.27(48) p. 121-125, 1997
抄録: In order to attain a sound and sustainable water environment, integrated management of river and watershed becomes important. Then, we must make a data base for estimating the point and nonpoint pollutant sources distributed over the watershed. At the same time, we have to make a highly sophisticated physically-based model, which enables us to estimate their effects on a receiving water. In this paper, observed data of fallout will firstly be reported with some kind of discussion. Nextly, proposed physically-based model will be shown, and some results denoted. Finally, several discussions will be done, regarding how to attain the final goal of desirable water environment.
URI: http://hdl.handle.net/10069/15010
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第48号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15010

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace