DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第27巻 第49号 >

体積力法を用いた地下単一円形空洞周りの応力集中と安定性の評価


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004723955.pdf610.92 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 体積力法を用いた地下単一円形空洞周りの応力集中と安定性の評価
その他のタイトル: An Evaluation of Stess Intensity and Safety Factor around Single Circle Cavity in Underground Using by Body Force Method
著者: 棚橋, 由彦 / 熊川, 貴伯 / 才本, 明秀 / 志田, 泰崇
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko / Kumagawa, Takamichi / Saimoto, Akihide / Shida, Yasutaka
発行日: 1997年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.27(49) p. 313-320, 1997
抄録: In underground, there are differences between shallow and deep space concerning to initial stress, failure mechanism, stress intensity and safety factor around the space. However, the current design guides of underground spaces are not enough reflected those differences. This paper describes an evalution of stress intensity and safety factor around the underground single circle cavity by using Body Force Method for the first step to obtain the basic information of the differences between shallow and deep underground spaces. Furthermore, the paper examines the difference of solutions by Body Force Method and elastic theory under biaxial uniform stresses in the case of deep space.
URI: http://hdl.handle.net/10069/15034
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第27巻 第49号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15034

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace