DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第34巻 第62号 >

無害化した都市ごみ焼却灰と低品質発生土を用いた多機能地盤材の開発


ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004724014.pdf507.56 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 無害化した都市ごみ焼却灰と低品質発生土を用いた多機能地盤材の開発
その他のタイトル: Development of the multirole foundation material using the harmless municipal solid waste incinerator ashes and construction waste soil
著者: 棚橋, 由彦 / 蒋, 宇静 / 野口, 博徳 / 日高, 公大
著者(別表記) : Tanabashi, Yoshihiko / Jiang, Yujing / Noguchi, Hironori / Hidaka, Koudai
発行日: 2004年 1月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.34(62) p. 91-96, 2004
抄録: Recently, the municipal solid waste discharged from the home is being increased. How to develop the technique for the decontamination and recycle from the viewpoint of environmental pollution and lack of the disposal space from reclamation sites is becoming an important subject. Moreover, a lot of construction waste soil is produced by urban development or underground use while the disposing space is limited. It is becoming an important subject, too. In this paper, the municipal solid waste is turned harmless, the possibility of a mixture of the harmless municipal solid waste incinerator ashes (Ecoash) and construction waste soil recycling as soft ground improvement material is discussed from both dynamic and chemical sides.
URI: http://hdl.handle.net/10069/15072
ISSN: 02860902
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第34巻 第62号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15072

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace