DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 人文科学篇 > 第35巻 第2号 >

重心動揺の反応時間とパーソナリティ


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyoJ35_02_01_t.pdf407.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 重心動揺の反応時間とパーソナリティ
その他のタイトル: Reaction Time of Body Sway and Personality
著者: 朝長, 昌三
著者(別表記) : Tomonaga, Shozo
発行日: 1995年 1月31日
引用: 長崎大学教養部紀要. 人文科学篇. 1995, 35(2), p.139-146
抄録: The purpose of this study was to examine the reaction time (RT) of Xcomponent of the body sway and the relation of RT and personality. The personality test was MPI. The results were as follows: (1) When each foreperiod was 1, 2, 3, 4 and 5 second, RTs were 468, 455, 449, 439 and 430 msecond respectively. (2) RT of subjects with neuroticism was longer than the mean of twenty subjects in each foreperiod. (3) The subjects with strong extraversion-introversion had no remarkable RT in comparison with the mean of twenty subjects. These results suggested that RT of subjects with neuroticism was longer.
キーワード: reaction time / body sway / MPI / neuroticism / extraversionintroversion
URI: http://hdl.handle.net/10069/15349
ISSN: 02871300
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第35巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15349

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace