DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 人文科学篇 > 第38巻 第1号 >

諸「臓器移植法(案)」に於ける本人と家族の意思 -角膜移植法から修正「移植法案」迄の40年間の推移と課題-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyoJ38_01_13_t.pdf2.6 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 諸「臓器移植法(案)」に於ける本人と家族の意思 -角膜移植法から修正「移植法案」迄の40年間の推移と課題-
その他のタイトル: On The Intention Between Organ-donors and Their Families in Several 'Organ Transplantation Laws (Bills)'
著者: 正木, 晴彦
著者(別表記) : Masaki, Haruhiko
発行日: 1997年 9月
引用: 長崎大学教養部紀要. 人文科学篇. 1997, 38(1), p.227-261
URI: http://hdl.handle.net/10069/15420
ISSN: 02871300
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第38巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15420

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace