DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > Acta Medica Nagasakiensia > Volume 8, No. 1-2 >

THE M. GLUTAEUS QUARTUS (SO-CALLED M. SCANSORIUS) IN MACAQUES


ファイル 記述 サイズフォーマット
acta08_01_03_t.pdf473.52 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: THE M. GLUTAEUS QUARTUS (SO-CALLED M. SCANSORIUS) IN MACAQUES
著者: Sakuma, Fumihisa / Miyauchi, Ryosuke
著者(別表記) : 佐久間, 文久 / 宮内, 亮輔
発行日: 1963年12月25日
引用: Acta medica Nagasakiensia. 1963, 8(1-2), p.21-27
抄録: The M. glutaeus quartus is generally regarded to be absent in lower catarrhina. In contrast to this, however, the authors found the muscle in one case of crab-eating monkey, and described the details on it. In addition, comparison was made with the findings reported for other primates.
URI: http://hdl.handle.net/10069/15474
ISSN: 00016055
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:Volume 8, No. 1-2

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/15474

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace