DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 会議等発表資料 >

大学における情報基礎教育を再考する


ファイル 記述 サイズフォーマット
ohsaku_k_13.pdf94.91 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 大学における情報基礎教育を再考する
その他のタイトル: What can we instruct the subjects of informational education fundamentals for the students at the higher education institutions in Japan?
著者: 大作, 勝
著者(別表記) : Ohsaku, Masaru
発行日: 2006年
出版者: 日本教育工学会
引用: 日本教育工学会研究報告集. 2006, 6(6), p.115-122
抄録: 平成15年度のカリキュラム改訂・変更に伴い、高校に教科「情報」が導入され、生徒にはこの教科の履修が義務化された。一方、大学等高校教育機関における情報基礎教育はここ十数年の間に大きく発展し、特にスキル教育の部分で多くの成果を残した。しかしながらその役割は、今後大きく変わらざるを得ないだろうとした。ここでは現在実施されている情報基礎教育に関して不足しているものについてまとめるとともに、今こそ、大学における情報教育について再考する絶好の機会であるとした。さらに今後の情報基礎教育として必要と思われるものをいくつか取り上げ、それらの教育のため週1回の授業とすれば1か年間、30コマの授業シラバス試案を提出した。 / This paper describes how we can instruct information education fundamentals, at the present time and in the future, at the higher education institutions in Japan. The high schools in Japan have introduced the subject of ‘JOHO’ (information or information literacy) since the beginning of the 2003 school year. This subject is obligation to learn for the high school students. JOHO has three kinds of contents, A, B or C. All of the students which graduated from high schools in March 2006, therefore, had finished one each subject of information A, B or C. In the past time the information education at the universities (or colleges) in Japan seems to focus strongly on the points at computer usage skill, especially how to use common-useful software. At the present time we have to reconsider the contents of information education fundamentals at the universities (or colleges), because the high school students must have mastered the computer skill with fair amount already. As a result, the contents of the subject of information education fundamentals which have been held at the universities (or colleges) during last several years should be changed largely. The shortage or insufficient parts of the contents, which would be instructed at the universities (or colleges) at the present time, will be summarized, and we have proposed here as the trial sample of 30 times-lecture syllabus which will be held at the higher education institutions in Japan in the future.
記述: 日本教育工学会研究会「コミュニケーションを重視した教育実践と情報モラル教育」 平成18年12月16日(土)於長崎大学
キーワード: 情報基礎教育 / 情報倫理教育 / コミュニケーション能力 / アルゴリズム教育 / information education / information literacy / information morals / communication skills / algorism education
URI: http://hdl.handle.net/10069/16274
資料タイプ: Conference Paper
出現コレクション:010 会議等発表資料

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16274

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace