DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 第21巻 第1号 >

アルテミアの走光性の研究-I 光集合の作用スペクトル


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyoS21_01_03_t.pdf283.94 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: アルテミアの走光性の研究-I 光集合の作用スペクトル
その他のタイトル: Studies on the phototaxis of Artemia salina-I Action spectrum for photoaccumulation
著者: 矢島, ヱイ子 / 水納谷, 民太郎
著者(別表記) : Yajima, Eiko / Mizunoya, Tamitaro
発行日: 1980年 9月13日
引用: 長崎大学教養部紀要. 自然科学篇. 1980, 21(1), p.29-33
抄録: Three-day-old metanauplius larvae of Artemia salina show positive phototactic response after dark adaptation. The accumulation of the larvae into light flux from dark region was linear to the initial period of irradiation. The maximum response was resulted from the irradiation of monochromatic light at 420 nm. The action spectrum in visible region is similar to the absorption spectra of hemoproteins. This result suggests that the photoreceptor pigment may be one of the hemoproteins.
URI: http://hdl.handle.net/10069/16525
ISSN: 02871319
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16525

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace