DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 100 教養部 > 100 紀要 > 長崎大学教養部紀要 自然科学篇 > 第36巻 第1号 >

Studies in the Evergreen Broad-Leaved Forest of Tatera Forest Reserve, Tsushima, Japan. VII. Comparative analysis of the structure and composition of primary and secondary stands


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoyoS36_01_02_t.pdf2.81 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Studies in the Evergreen Broad-Leaved Forest of Tatera Forest Reserve, Tsushima, Japan. VII. Comparative analysis of the structure and composition of primary and secondary stands
その他のタイトル: 対馬・龍良山の照葉樹林の研究 VII. 原生林と二次林の組成と構造の比較解析
著者: Yamamoto, Shin-Ichi / Itow, Syuzo
著者(別表記) : 山本, 進一 / 伊藤, 秀三
発行日: 1995年 8月31日
引用: 長崎大学教養部紀要. 自然科学篇. 1995, 36(1), p.19-30
抄録: 対馬・龍良山の照葉樹林研究の一環として、本研究では原生林と二次林の組成と構造を比較解析し、原生状態への復帰過程にある二次林の保護の重要性を指摘した。1)原生林の林冠層では、シイノキ、イスノキ、ウラジロガシが優占していた。シイノキは、ギャップ形成後、ギャップ内で定着した稚樹で更新するとともに、萌芽によっても更新していた。一方、イスノキは、ギャップ形成前に定着した稚樹がギャップ形成後、ギャップ内で成長して更新する更新様式であった。サカキは典型的な亜高木性樹種であった。2)二次林の林冠層は、シイノキでほとんど優占されていた。このシイノキの林冠木のほとんどが萌芽起源であった。しかしながら、林内にはシイノキの稚樹や幼木が少なかった。イスノキは林冠層にはわずかしかなかったが、稚樹・幼木として多数出現した。サカキの稚樹・幼木は少なかった。3)今後、人為撹乱がなければ、二次林の林冠層のシイノキは減少し、イスノキは増加することが予想され、この二次林は着実に原生状態へ復帰しつつあると判断された。したがって、原生状態へ復帰させるために、この二次林を人為撹乱から保護することは重要な課題といえる。 / In the Tatera Forest Reserve, tracts of secondary forests are contiguous to the primary forest. The secondary forest is young and regenerating after deforestation for production of charcoal. Our comparative study in the primary and secondary forests revealed that the canopy gap is present in the primary forest but absent in the secondary one, that Castanopsis cuspidata var. sieboldii is the dominant canopy tree species in both of the forests, and that Distylium racemosum, the second dominant in the canopy of the primary forest, is the major species having abundant regenerating saplings in the both forests. Those facts imply that the secondary forest will surely reach the same status as the primary forest and merge in the latter without difference in structure and composition, unless man disturbs or interferes the secondary forest tract for many years in the future. One of the conclusions in the present study emphasizes the importance of the secondary forest for the preservation of primeval forest
URI: http://hdl.handle.net/10069/16655
ISSN: 02871319
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第36巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16655

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace