DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 学術雑誌論文 >

同所的に発生するカンザワハダニTetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae)の寄主利用能力の分化


ファイル 記述 サイズフォーマット
dani16_1_21.pdf499.12 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 同所的に発生するカンザワハダニTetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae)の寄主利用能力の分化
その他のタイトル: Specific Adaptation of Sympatric Populations of the Kanzawa Spider Mite, Tetranychus kanzawai (Acari: Tetranychidae) to Three Host Plants
著者: 田島, 隆宣 / 大橋, 和典 / 高藤, 晃雄
著者(別表記) : Tajima, Ryusen / Ohashi, Kazunori / Takafuji, Akio
発行日: 2007年 5月25日
出版者: 日本ダニ学会
引用: 日本ダニ学会誌 = Journal of the Acarological Society of Japan. 2007, 16(1), p.21-27
抄録: 個体群間の交流が可能な同所的に植栽されたキョウチクトウ,アジサイおよびヤマブキに発生するカンザワハダニ個体群が,それらが発生している寄主植物に特異的に適応しているかどうかを明らかにするため,これらの寄主植物における各個体群の成虫化率と産卵数を比較した.その結果,すべての個体群における成虫化率は,各個体群が利用していた寄主において利用していない寄主よりもはるかに高かった.また,産卵数も寄主として利用していた寄主で高い傾向がみられた.特に,毒性の高いキョウチクトウとアジサイの個体群間では寄主利用能力が著しく異なり,キョウチクトウ個体群はアジサイ上で,アジサイ個体群はキョウチクトウ上で成虫化率,産卵数ともに著しく低かった.このことから,これら2個体群間には寄主利用能力に分化がみられ,同所的にホストレースが形成される可能性が示唆された.また,それぞれの個体群が一方の寄主に特異的に適応する結果,他方に対する利用能力を喪失するというトレードオフの存在が示唆された. / Specific adaptation of sympatric populations of the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai (Acari: Tetrany-chidae) to three host plants. Ryusen TAJIMA, Kazunori OHASHI and Akio TAKAFUJI (Laboratory of Ecological Information, Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Kyoto 606-8502, Japan) In order to elucidate whether the Kanzawa spider mite, Tetranychus kanzawai, adapts specifically to the host plant on which it occurs, we compared the adult maturation rate and oviposition rate in populations derived from Nerium indicum, Hydrangea macrophylla and Kerriajaponica, on each host plant. The 3 host plants were growing within a short distance and therefore exchange of mite individuals was thought to be possible among them. In all 3 populations, the adult maturation rate was significantly larger on the plant they derived from than that on the other two plants. Each population also showed higher oviposition performance on the plant it derived from. In particular, although both species had toxic chemicals, the host adaptation of populations from N. oleander differed from that of populations from H. macrophylla: both the adult maturation rate and oviposition performance in the population from N. oleander were significantly lower on H. macrophylla than on N. oleander, and vice versa, showing a notable differentiation in host utilization ability between them. This suggested the existence of trade-offs in host adaptation between the two populations, and the possibility of sympatric host-race formation in this species.
キーワード: Tetranychus kanzawai / host plant adaptation / trade-offs
URI: http://hdl.handle.net/10069/16721
ISSN: 09181067
関連リンク : http://ci.nii.ac.jp/naid/110006284972/
権利: 日本ダニ学会 / 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:120 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16721

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace