DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

和装の大隈重信


ファイル 記述 サイズフォーマット
5008.html484 BHTML本文ファイル

タイトル: 和装の大隈重信
その他のタイトル: Okuma Shigenobu in traditional attire
作成者(別表記等): Underwood
発行日: 2008年 6月20日
時代: 1904
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 大隈邸の床の間の前(写真5009)で椅子に腰掛ける大隈重信。靴を履いてステッキを持つ。右脚が義足だったからである。大隈は明治21年(1888)外務卿になるが、その翌年に玄洋社社員の来島恒喜(くるしまつねき)に外務省玄関前で爆弾を投げられ右脚を失っている。明治31年(1898)、首相になり初めての政党内閣を組閣した。69歳で早稲田大学総長に就任する明治40年(1907)年頃撮影。 / Okuma Shigenobu sits on a chair, posing in front of an alcove in his residence with a cane and Western shoes. He wore a prosthesis after losing his right leg in 1889, the year after he became Minister of Foreign Affairs. Kurushima Tuneyuki of the right-wing political organization Genyosha threw a bomb at him in front of the Department of Foreign Affairs. He formed the first party cabinet in 1898 after becoming prime minister. This photograph was taken around 1907, when he became chancellor of Waseda University.
キーワード: 肖像 / 住宅 / portrait / house
URI: http://hdl.handle.net/10069/16986
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=5008
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 5008
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16986

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace