DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

荷運び人夫


ファイル 記述 サイズフォーマット
5013.html458 BHTML本文ファイル

タイトル: 荷運び人夫
その他のタイトル: A cargo carrier
作成者(別表記等): Underwood
発行日: 2008年 6月20日
時代: 1904
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 「一日に三千両のおちどころ」という川柳は、毎日朝は魚市場に千両、昼は芝居に千両、夜は吉原に千両ずつ金が落ちることを詠んだものという。日本橋北詰東側には江戸時代から続いた魚河岸があった。本写真は仕入れた魚を天秤棒で担いで売りにく魚屋である。場所は日本橋周辺であろう。冷蔵庫などないからその日のうちに売り歩いた。江戸・明治期には今より新鮮な魚を食べていたのである。明治37年発行のステレオ写真。 / Three thousand ryo a day falls where it must. This senryu poem means that everyday people spend three thousand ryo (monetary unit in the Edo Period), one thousand in the fish market in the morning, one thousand in the theatres during the daytime, and one thousand in the Yoshiwara pleasure quarter in the evening. There was a fish market on the east side of the northern edge of Nihonbashi Bridge during the Edo Period. The man in this photograph is selling fish he just bought at the fish market. Probably taken near Nihonbashi. Since there was no refrigeration then, fish had to be sold within a day and people ate fresher fish than today. This stereograph is dated 1904.
キーワード: 行商 / 運搬 / 暮らし / peddler / transport / life
URI: http://hdl.handle.net/10069/16991
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=5013
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 5013
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/16991

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace