DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 900 附属図書館 > 貴重資料 > 幕末・明治期日本古写真 >

長崎大徳寺の大楠木


ファイル 記述 サイズフォーマット
5190.html504 BHTML本文ファイル

タイトル: 長崎大徳寺の大楠木
その他のタイトル: The great camphor tree at Daitokuji Temple, Nagasaki
発行日: 2008年 6月20日
出版者: 長崎大学附属図書館 / Nagasaki University Library
記述: 大徳寺境内の大楠。大正初期の絵葉書写真。大徳寺は宝永元(1704)年伊勢町からこの梅香崎に移転し、同4(1707)年免税御朱印状を受けた高い寺格であったが同5(1708)年本籠町の現在地に移転した。外国貿易で栄えたがこの不振とともに什宝物は売却され明治初年に廃寺となった。 / The big camphor tree in the Daitokuji precinct. Picture postcard from the Taisho Period. The temple was relocated from Ise-machi to Umegasaki in 1704. It was a high-ranking temple officially granted a tax exemption in 1707. It moved to the current location in Motokago-machi in 1708. The temple prospered as foreign trade increased. However, when trade declined, so did the temple and the temple valuables had to be sold. Finally in 1868, the first year of the Meiji Period, the temple closed.
キーワード: 寺 / temple
URI: http://hdl.handle.net/10069/17168
関連リンク : http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/ / http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/jp/target.php?id=5190
権利: Copyright (c) 2005- Nagasaki University Library. All rights reserved.
目録番号: 5190
資料タイプ: Others
出現コレクション:幕末・明治期日本古写真

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/17168

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace