DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 14, No. 2 >

高齢聴覚障害の疑似体験による学生の対応方法の変化


File Description SizeFormat
igaku14_02_22_t.pdf30.75 kBAdobe PDFView/Open

Title: 高齢聴覚障害の疑似体験による学生の対応方法の変化
Authors: 長尾, 哲男 / 東, 登志夫
Issue Date: Dec-2001
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2001, 14(2), p.135-137
Abstract: 聴覚障害は看護・介護の場では適切な支援方法の検討のための当事者との協議や実際の支援において大きな障害となる.老人性難聴では音域が制限されて「言葉の聞こえが不明確」となり,音の識別が困難な状態になる.これらの老人性難聴を56名の学生に疑似体験させたところ,聴き取り障害の特徴は単音では年代が高くなるにつれて子音に強く現れ,母音には大きな低下は見られなかった.また,単語では年代の違いが現れるが,質問文では大きな変化はみられなかった.この障害に対する理解と対応方法が擬似体験の前後でどのように変わるかをアンケート調査した.その結果,体験後は障害の理解が具体的となり,対応方法は概念的なものから具体的かつ多様なものへと変化した.その変化から,今後の介護・看護・リハビリテーション訓練に関わる者への教育方法検討の示唆を得ることができた.
Keywords: 高齢者 / 聴覚障害 / 音域 / 障害体験 / 支援技術
URI: http://hdl.handle.net/10069/17964
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 14, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/17964

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace