DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医学部保健学科紀要 > 第15巻 第2号 >

"I Can Cope"プログラム 米国・ミネソタ視察研修に参加して


ファイル 記述 サイズフォーマット
igaku15_02_01_t.pdf434.42 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: "I Can Cope"プログラム 米国・ミネソタ視察研修に参加して
著者: 石原, 和子
発行日: 2002年12月
引用: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2002, 15(2), p.1-6
抄録: 2002年8月1日~10日の期間における"I Can Cope"プログラム米国・ミネソタ視察研修に参加した.視察施設は,①Mayo ClinicおよびHope Lodge,②North Memorial Medical Centers Education Center,③Health Crisis Resource Center, Pathways,④Katharine J. Densford Int’I CenterおよびLady of Good Counsel Hospice home,⑤American Cancer Society支部,⑥Thomas Cook Cancer Resource Centerであった. 今回は,"I Can Cope"プログラムが開発されたNorth Memorial Medical CentersのEducation Centerの研修プログラムとDr. Judith JohnsonによるAmerican Cancer Society支部における"I Can Cope"プログラム研修について報告する.
キーワード: I Can Copeプログラム / ホスピスケア / がん患者・家族へのサービス・プログラム / がん患者・家族へのサポート・プログラム / ボランティア活動
URI: http://hdl.handle.net/10069/17983
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/17983

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace