DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 15, No. 2 >

日常生活行動の著明な改善を認めた重症アルツハイマー病の一事例


File Description SizeFormat
igaku15_02_08_t.pdf314.22 kBAdobe PDFView/Open

Title: 日常生活行動の著明な改善を認めた重症アルツハイマー病の一事例
Authors: 藤井, 優希 / 横田, 千草 / 徳永, みどり / 真壁, 美智子 / 吉岡, 梢 / 井上, 千鶴子 / 浦田, 秀子 / 西山, 久美子
Issue Date: Dec-2002
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2002, 15(2), p.47-50
Abstract: 重度のアルツハイマー病患者に見られた徘徊や頻繁の尿汚染,便汚染に対してカンファレンスを密に行い,患者の表情や言動における細かい変化をアセスメントし,それにそった看護計画の立案,援助を行った.言動を否定せず,見守りながら状況に応じた援助を行った結果,改訂長谷川式簡易知能評価スケールでは点数の改善は見られなかったが,日常生活行動評価は向上し,日常生活が円滑に送れるようになった.この関わりから痴呆患者の徘徊や言動を異常視するのではなく,患者の言動の持つ意味を推察し,援助を行う事は痴呆患者の看護に重要であると再認識した.
Keywords: アルツハイマー病 / 日常生活行動 / 精神安定 / 排泄行為の確立
URI: http://hdl.handle.net/10069/17990
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 15, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/17990

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace