DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 長崎大学医学部保健学科紀要 > 第15巻 第2号 >

父性に関する研究-男子大学生と妊婦の妻を持つ男性の父性意識の差-


ファイル 記述 サイズフォーマット
igaku15_02_09_t.pdf253.76 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 父性に関する研究-男子大学生と妊婦の妻を持つ男性の父性意識の差-
著者: 前田, 規子 / 中尾, 優子 / 宮原, 春美
発行日: 2002年12月
引用: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2002, 15(2), p.51-54
抄録: 今回,N大学医学部附属病院産科外来及びN市内の産婦人科医院を受診中の妊婦の夫(107名),N大学一年次生男子(196名)を対象に,父性意識として対児感情と育児動機の影響因子について質問紙調査を実施した. その結果, 1.対児感情では,学生と夫,子どもの有無で回避得点,拮抗指数に有意差があった. 2.育児動機について,学生と夫,子どもの有無で育児動機得点に有意差があった. 対児感情,育児動機は,ともに父親としての役割意識が影響をしていると思われる.父性意識の発達を促すため看護職者として,現在の核家族化,少子化の中で,父親となる以前の早期から人との関わりの中で役割を持つ機会を提供していく必要があると考える.
キーワード: 父性 / 対児感情 / 育児動機
URI: http://hdl.handle.net/10069/17991
ISSN: 09160841
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/17991

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace