DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > School of Medicine > Bulletin > Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences > Volume 15, No. 2 >

発達障害児家族の障害受容


File Description SizeFormat
igaku15_02_11_t.pdf345.64 kBAdobe PDFView/Open

Title: 発達障害児家族の障害受容
Other Titles: Parents' Psychological Ajustments to their Children with Developmental Disabilities
Authors: 宮原, 春美 / 前田, 規子 / 中尾, 優子 / 相川, 勝代
Authors (alternative): Miyahara, Harumi / Maeda, Noriko / Nakao, Yuko / Aikawa, Katsuyo
Issue Date: Dec-2002
Citation: 長崎大学医学部保健学科紀要 = Bulletin of Nagasaki University School of Health Sciences. 2002, 15(2), p.57-61
Abstract: 障害児をもつ母親の各crisis periodsにおける障害受容と影響要因について,特に家族関係とソーシャルサポートを中心に半構成的インタビューを行い,看護の関わりについて検討した.その結果,障害が疑われたり,障害を理解しなければならないとき,母親は大きな不安を感じていた.障害受容が出来ている場合,就学決定時期には家族として積極的に学校選択に対する働きかけを行っていた.また,学校,療育関係,親の会は大きなサポートとして機能していた.看護の関わりとして,障害児をもつ家族に対して,各crisis periodsの時期には両親は助言や援助を必要としていることが多く,専門家の適切な助言・指導が重要となってくる.
Keywords: 発達障害児 / 障害受容 / crisis periods / ソーシャルサポート
URI: http://hdl.handle.net/10069/17993
ISSN: 09160841
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:Volume 15, No. 2

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/17993

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace